Biodata bank

CONTACT STORE

深部体温に関連する WHOやアメリカ産業衛生専門家会議などが発表している諸論文より、概ね 38.0 – 38.5℃の間で熱中症のリスクが高まってくるという見解で一致します。

アラートの作動に関しては、上記の数値を参考にしながら 2019年に行った実証実験や 2020年以降に販売した製品から収集したデータも活用し構築したアルゴリズムを用いて判定しております。

News list

トップに戻る